エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ

主国税を機に考える訪日客の気持ち(19/01/13)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今月から国際観光旅客税(通称出国税)が導入されましたね。

海外に出国する際に1000円、

航空券などに上乗せする形で徴収されます。

 

新聞を読む限り大きな混乱は無く

スムーズな導入だった様子です。

 

こちらの税収は観光インフラ整備に使用されるとのこと。

来年は五輪イヤーですし、

海外からのお客様が過ごしやすいよう、

整備されるといいですね!

 

さて、観光インフラと言っても様々です。

みなさんが外国人観光客だったら、

どんな設備が欲しいと思うでしょうか。

 

私だったら・・・。

言葉のケアをもっともっとしてほしいなと思います。

 

国際交流などで個人対個人のお付き合いなら、

言葉の壁はあまり問題にならないものです。

しかし、数日間一人で外国に滞在して生活すると、

言語の壁は目の前に大きく立ちはだかります。

 

私が香港に住んでいるときにありがたかったのは、

ほとんどすべての物が英語と中国語で表記されていたことです。

 

交通機関はもちろん、病院、学校、 スーパーのジャガイモ1つに至るまで、

全て2言語表記でした。

外国語は英語以外話せない私にとって、

それはとても助かるものでした。

 

しかし、日本の英語表記はまだまだほとんど進んでいません。

道路標識や交通機関はある程度整備されていますが、

観光地の駐車場にトイレなど、

日本語がわからない方には不便だろうな・・・

と思わざるを得ない場所がたくさんあります。

 

そして、スーパーなどのお店では、

もうお手上げです。

20年ほど前にカナダ人の知人が、

「チーズを買いにスーパーに行って豆腐を買ってしまった」

と話してくれましたが、

20年後の今も多くの売り場の状況は全く変わっていません。

 

香港で長らく「外国人として暮らした」経験者として、

是非とも改善していただけたらいいなと思うところです。

 

五輪や訪日客誘致で外国人のお客様が益々増えると予想されます。

外国人の労働者にも門戸を開くとのことなので、

日本の国際化は更に加速するでしょう。

 

航空機内や空港はまず最初に外国人のお客様を迎える場です。

出国税の導入を、

「私だったら海外でこんなサービスをしてほしいな。」

「こんなことが日本でも整備されたらいいな。」

と考える機会にし、

CA・GSとしておもてなしに繋げることができたら素敵ですね。

お読みいただき、ありがとうございます。


旧暦と日本文化(19/01/07)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日1月7日は人日の節句。

七草がゆは召し上がりましたか?

節句や24節季などは日本人でも

きちんと説明できる人は少なくなってきました。

 

日本で古くから親しまれてきた暦(もともと中国のものですが)は、

日本で暮らす大人としてある程度は知っておきたいと思います。

 

日本の四季は美しく多様性に富み、

それに伴い季節を表す言葉がたくさんあります。

日本文化を語る際には暦を無視することはできません。

 

節句や節季についての知識は日系エアラインでは

機内アナウンスで使うことが度々あります。

また、外資系(特に欧州系)では

日本文化に関する質問を面接で聞かれることもあります。

 

諸外国と比べると、

日本の方は自国の文化を説明するのが苦手な方が多いですね。

かく言う私も外資で働き始めた頃に恥をかいたことが。。。

 

まずは身近なものから学んでみてはいかがでしょうか。

 

スーパーで七草がゆの材料を見かけたら、

その由来を調べてみたり、

英語での説明を考えてみたり。。。

という積み重ねが教養となり、

人としての魅力にもなるのではないかと思います。


2019年最初の面接に向けて(19/01/07)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

年末年始にかけて2つのLCCが募集を発表し、

また中東系エアラインも募集を出しています。

志望されている方には嬉しいお正月 となったのではないでしょうか。

 

本社所在国や会社の規模等を問わず、

全ての客室乗務員に共通する役割は、

『保安とサービス』ですね。

 

保安に関する基本的な考え方は

各社ある程度共通していますが、

サービスの考え方は様々です。

 

会社が目指すもの、

お客様に提供したいことを理解し、

その中で自分が何ができるか考えましょう。

 

そして、一番大切なのは、

それを伝える練習をたくさんすること。

面接官の質問はストレートなものもあれば、

「この質問が仕事に何の関係があるの?」

と疑問に思ってしまうようなものもあります。

しかし、どんな質問であっても、

その会社の客室乗務員としてふさわしいかを

見極めるものに違いありません。

 

度々こちらでも書いていますが、

面接の失敗原因のほとんどが準備不足であり、

伝える練習までしっかりできていない方が多いです。

 

1人でもできる練習方法はたくさんあります。

 

・自宅の鏡に向かって想定される質問に答える

・スマホのメモ機能に質問の答えを入力する

・スマホの録音機能に志望動機を録音する

などなど。

 

スクールの単発レッスンは総仕上げに最適です。

エアネットでも1日限りのプライベートレッスンを行っています。

こちらも是非ご利用くださいね。

一からしっかり学びたい方は本科コースがおすすめです。


2019年になりました(19/01/02)

みなさん、あけましておめでとうございます。

エアネットの中村です。

今年は目標を達成する一年にしましょう!

エアネットも精一杯お手伝いしますので、

一緒に頑張りましょうね。

 

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしょうか。

今年はみなさん目標達成する予定だと思いますので、

2020年の年越しは仕事かもしれませんね。

 

GSやCAはお正月も元気に働きます。

私の社会人一年目の大晦日は羽田ステイでした。

翌日の元日は早朝のフライトだったため、

11時くらいには就寝しました。

 

子供のころから大学4年まで、

大晦日は親戚一同集まって紅白を観て、

除夜の鐘をつきに行ったり、

初売りに行ったりと、

私はにぎやかに過ごしてきました。

 

そのため、 初めて一人で年越しした時は、

ちょっぴり寂しかったのを覚えています。

 

しかし、センチメンタルになったのはそれが最初で最後。

ホテルや上空で年越しするのが当たり前になり、

国境も年も同時に越したこともしばしば 。

 

機内で同僚たちと新年のあいさつをしあうのも楽しいものです。

 

しかも新年フライトは乗員乗客共に何となくお祭りムード。

基本的にみんなご機嫌で楽しいフライトばかりだったように記憶しています。

 

お正月勤務。 ご家族と離れるのはちょっぴり寂しいかもしれませんが、

是非楽しみにしていてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。


今年最後の無料相談会(18/12/24)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今年もJALのCAさん達が空港でハンドベルを披露し、

ANAの青いサンタクロースも大活躍しているようですね。

みなさんはどのようなクリスマスイブをお過ごしですか?

 

エアネットでは今年最後の

JALANA研究会+就職相談会

を27日に行います。

参加費は無料です!

詳しい日時は下に記載しています。

 

大手の募集は2019年も3月と予想されています。

もちろん3月からの準備では間に合いません!

 

年明けから何に手を付ければいいの?

面接対策って何をすればいいの?

そもそもどんな人が内定するの?

 

そんな疑問を年内に解決して、

スムーズな就活を始めましょう!

 

【JALANA研究会+就職相談会】

日時 12月27日(木曜日)

13時~15時

場所 エアネット東京校

(銀座のとっても便利な場所にあります)

費用 無料

お申込みお問い合わせはホームページからお願いします。

皆様のお越しをお待ちしています!!


外資系クルーのライフスタイル(18/12/22)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日は久しぶりに現役時代のお話を書こうと思います。

現役の外資系クルーさんたちとお会いする機会もありますが、

意外と行動パターンは変わっていないものだと安心します。笑

 

外資系クルーと言っても色々ですが、

共通点は「フットワークの軽さ」 だと思います。

見たいものや参加したいイベントを見つけたら、

世界中のどこにでも出かけてしまう人が多いです。

私もそんな一人でした。

 

10年以上前のちょうどこの時期、

仲良しの同期とフライトスケジュールを見せ合いっこしていると

、 同じ日に5連休が重なっていることが判明しました。

 

そこで、どちらともなく、

「じゃ、トゥールーズ行こうか?」

とさらりと南仏行きが決定。

 

その年はA380がデビューした年で、

まだ空港でその姿を目にする機会も少ない時期でした。

 

エアバスの工場に行って目の前ででっかいA380を見よう!

ついでに(?)名物のフォアグラも食べちゃおう! と、

割引航空券をせっせと用意し、

ホテルを手配し、

サクッと出発。

サクッと到着しました。笑

 

あまりにもサクサクやってしまったので、

ホテルの日程をミスしたり、

フランス国内の飛行機が満席で断られそうになったり、

それなりにアクシデントもあったのですが、

(まあまあ大きなアクシデントですが)

とても楽しい5日間でした。

フォアグラも美味しかったですよ。

マンゴーソースで頂きました。

 

今でも各社外資系クルーに休暇の予定を聞くのはとっても楽しいです。

「ドイツで料理修行しようと思って。」

「オーストラリアの山奥でヨガの資格取ろうと思って。」

もはや本職は何なのか、突っ込みどころ満載ですね 。

 

いつでも自分の置かれた状況を最大限楽しむ姿は、

元外資系クルーとして誇らしく思います!

 


行動を変える(18/12/20)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

街中のクリスマスイルミネーションがきれいです!

先日都庁に夜景を見に行ったのですが、

長蛇の列でびっくりしました!!

夜の光が華やかな季節ならではですね。

 

さて、年末年始のこの季節。

採用活動もあまり活発ではありません。

じたばたしたくてもできないのですから、

自分をしばし見つめ直すのには良い時期です。

 

志望動機や自己PRなどを見直したり、

どうしてCAになりたいのか、

自分には何が出来るのか、

自分自身と静かに向き合うチャンスです。

 

また、この時期は『行動』について考えるのもいいですよ。

先日日本サービスマナー協会にて接遇マナー研修を担当しました。

研修で立ち居振る舞いについてお話しする際に、

「行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。」

「習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。」

というマザーテレサの名言の一節をご紹介しました。

 

背筋を伸ばした美しい立ち方の練習をする。

指先をそろえて物を持つようにする。

 

きっかけは何でもいいと思いますが、

面接だけでなく日常的に丁寧なふるまいが出来るようになると、

生活自体が丁寧になります。

丁寧な生活を送ると心の余裕が生まれ、

以前は気が付かなかったことに気づくようになります。

そして、生き方そのものが豊かになる・・・

という良い循環が生まれます。

 

結果、面接でも自然に美しく振る舞えるようになりますし、

発する言葉にも深みが増します。

 

この季節はちょっと背伸びしたレストランに

出かける方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時はチャンスだと思って、

美しいふるまいを心がけてくださいね!

スタッフの所作から勉強するのもGOODですよ。

 

お読みいただきありがとうございます。


 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス