エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 思い出のスタンバイ業務

思い出のスタンバイ業務(18/07/29)

みなさん、こんにちは!

 

 

エアネットの中村です。

 

今日はスタンバイについて書こうと思います。

皆さんはスタンバイ業務について聞いたことはありますか?

 

スタンバイとは、 乗務員の急な病欠や使用機材の変更などにより、

急遽乗務員の補充が必要な場合に備えて自宅または空港の事務所などで待機する業務の事です。


スタンバイ中の仕事は『待つこと』。

何だか楽そうに聞こえますが、 いつ仕事が入るかわからない状態で6時間待機することはなかなか辛い作業です。

(待機する時間は状況によって様々です)

また、私の前職の場合、フライト先がどこになるかもわからなかったので、

スタンバイの時はショートフライトから5日間のロングフライトまで対応できるように準備しておかなければなりませんでした。

また衣服も北半球用、南半球用と準備しなければならず、

なかなか骨の折れる業務なのです。。

 

 私の8年間のクルー生活の中で最も思い出に残るスタンバイがあります。

 

その日は暑い日で薄着で自宅スタンバイしていました。

 

朝から待機していたのですがお昼過ぎても会社から電話が無いので、

今日はどこにも飛ばないかもしれないなんてぼんやり考えていると電話が。

 

今からアンカレッジ経由でトロントに行ってください。

あと30分でブリーフィングなので今すぐタクシーに乗って来てください!と。

 

みなさん、アンカレッジってご存知ですが?

アメリカ合衆国のアラスカ州の都市です。

 

ノースリーブから制服に着替え、

ロングフライト用のスーツケースにあらかじめ準備していた寒冷地区用の衣服を詰め込み、

バタバタと会社について、あいさつもそこそこに機内に乗り込み、

満席のお客様にサービスすること数時間、

あっという間にアンカレッジに到着しました。。。

 

ついさっきまで気温25度以上の自宅でスタンバイしていたのに、

気が付いたらマイナス20度のアラスカアンカレッジで震えている。。

 

凄い仕事だなぁと改めて思ったものです。

 

その後すぐに新機材の導入によりトロントまで直行で行けるようになり、

アンカレッジステイは無くなりました。

 

何の心の準備もせずにアラスカに降り立った幻のアンカレッジフライト。

 

今となっては良い思い出です。

 

みなさんもCAになったら必ずスタンバイを経験することになります!

なかなか大変だからこそ思い出深い仕事になりますよ^^

 

お読みいただきありがとうございます。


お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 思い出のスタンバイ業務

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス