エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 答えにくい質問

答えにくい質問(19/01/17)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

年が明けて17日。

3月の募集解禁まであっという間だと

実感されている方も多いのではないでしょうか。

 

昨年から国内の航空会社社員に関する、

あまり喜ばしくないニュースをたくさん目にする機会があります。

特に運航乗務員や客室乗務員に関することなので、

無視はできませんね。

 

志望者のみなさんは

「自分ならしない」

としっかり決心していらっしゃると思いますが、

では、面接で、

「飲酒に関するニュースについてどう思いましたか?」

と聞かれたら、

どう答えますか?

「私ならしません」

と答えますか?

 

では視点を変えます。

機内でCAとして働いているところを想像してください。

お二人連れのお客様がいらっしゃって、

お一人が酩酊状態になってしまいました。

お連れ様が、

「迷惑ですよね、すいません。

あなたもこんな風になることありますか?」

とおっしゃったら、

「私ならしません」

と答えますか?

 

正論は時に冷たい響きで相手を傷つけます。

ルール違反に同調するのはもちろんいけませんが、

自分の気持ち、特に正論を伝える時は、

相手への思いやりが必要です。

 

面接では「答えにくい質問」は頻出です。

経営再建中のJALは、

「経営再建中のわが社をどう思うか」

と率直に尋ねました。

 

志望動機や自己PRに関する質問に答えることは、

自分の情熱を余すとこなく伝えればいいだけのこと。

(もちろん、それも簡単ではありませんが!)

しかし、会社のネガティブな側面に関する質問こそ、

どのように答えるか対策が必要です。

 

これから社員となり働く会社です。

盲目的にほめたたえるだけでなく、

ネガティブな側面も認めたうえで、

建設的な考え方が出来る人でありたいですね。


お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 答えにくい質問

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス