エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 2019年10月アーカイブ

2019年10月アーカイブ

新卒就活に備えて(19/10/28)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

来年の新卒就活を控えている方は、

そろそろ本格的に準備を始める時期ですね。

たとえばTOEICは1月に600点を超えなければ、

3月には間に合いません。

来年の新卒募集のスケジュールは、

少し動きがあるかもしれないので、

早め早めの準備が大切です。

 

TOEICで100点スコアを上げるためには、

200時間から300時間の学習時間が必要だと言われています。

スコアや学習環境によって多少時間は前後しますが、

仮に英語が苦手で現在500点の方が1月12日のTOEICまでに

300時間勉強しようと思ったら、

これから毎日3時間勉強しなければ間に合いません。

 

就職試験はTOEICだけで決まるわけではありませんね。

SPI対策は始めていますか?

最近大手がシビアに点数を見ている様子のSPI。

数学でつまずく方が少なくありません。

そして、面接が始まったら避けては通れない、

自己分析に企業研究。

ここをしっかり行って、

質疑応答を考えて

、 話す練習も必要です。

 

どれも一朝一夕でできるものではありません。

 

大学3年の皆さん、 短大、専門の1年の皆さん、

対策をスタートさせましょう!


次の試験へ(19/10/23)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

ジェットスタージャパンにエアアジアジャパン、

先日はフジドリームエアラインズも募集を発表しました。

外資系もちょこちょこ発表を出しています。

 

新卒・既卒共に、

日系大手および大手系列会社の

2019年度採用試験が終了しました。

 

まずは今後2,3年後にどうしたいのか

考えることが大切だとは以前お話ししました。

 

来年もJALANAを受けたいのか、

国際線を飛べる会社は全てトライしたいのか、

国内外問わずまずはCAになりたいのか。

先の見通しを少し立ててから次に進みましょう。

 

さて、LCCや独立系エアラインは、

それぞの会社独自サービスや方針など、

ユニークな特色があります。

『どこでもいいからCAになりたいです』

という態度はご法度です。

 

会社の方向性もウェブサイトなどで

分かりやすく説明されていますので、

しっかり準備して試験に臨みましょう。


台風19号(19/10/14)

みなさん、こんにちは。

エアネットの中村です。

 

非常に強く大型の台風が上陸し、

大きな被害を残して通過しました。

 

どうかみなさんご無事で、

一日も早く通常通りの生活に戻れますよう、

心よりお祈り申し上げます。

 

航空業界でも、

各社対応に追われたことと思います。

日本に帰れなかったクルーもいたことでしょう。

 

選考が続いている航空会社もあります。

もし、災害で面接に行くのが難しい場合は、

可能であれば会社に一報を入れるといいでしょう。

日程のアレンジをしてくださるかもしれません。

 

しかし、避難を余儀なくされている方などは、

もちろんご自身の安全と健康を第一に考えてくださいね。

 

これ以上被害が広がりませんように。


台風19号に伴うANAの対応(19/10/14)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今週末は大きな台風が日本列島にやってくるとのこと。

まだまだ先月の台風被害から完全に復興できていない、

このタイミングでのニュースに不安を感じますね。

 

無事に週末を過ごせますように。

 

さて、この台風に伴い、

各交通機関の中でも一足早く、

ANAが欠航を発表しました。

 

航空会社は時にギリギリまで飛ぶが否か様子を見て、

少しでも天気の回復が見込めるならタイミングを待つことがあります。

是が非でもその日中に移動したいお客様がいらっしゃいますし、

欠航を決めるのは会社にも少なくない損害が出ます。

欠航をいつ決めるかというのは、

とても難しい判断なんです。

 

昨今日本では、

毎年のように非常に強く危険な台風が上陸するようになりました。

各交通機関も対応には苦戦しているようですが、

その中でANAは早めの欠航発表の方が多面的に考えて良いと判断したのでしょう。

 

ANAの対応について、 世間の声は好意的なものが多いようですね。

私個人としても心の中で称賛をおくりました。

 

クルーとしても飛ぶか飛ばないか分からないまま出社し、

お客様を機内にご案内したものの欠航することは、

とても辛いものです。

 

ANAを志望されてる皆さんは、

このようなニュースを見た時に、

「ふーん」 と流すのではなく、

自分はどう思うのかをしっかり考えて、

就活ノートにまとめておきましょう。

後々役に立ちますよ。


伝える前に整理する(19/10/14)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

みなさん、日常的に自己分析はしていますか?

自己分析って実は社会人になってからも大切です。

 

今自分が何ができるのか、

今までやってきたことから得たものは何なのか。

逆にできないことは何なのか、

など、定期的に見直すことをオススメします。

 

さて、面接では

・面接官が聞きたいこと

・みなさんが伝えたいこと

を正しいタイミングと方法で

・伝える

ことで成り立ちます。

 

実践的に口に出して伝える練習をする前に、

そもそも自分の意見は何なのか、

まとめておく必要があります。

 

話し方云々よりも、

内容の熟考が足りないと、

面接対策の授業をしていて感じます。

 

というのも、

バックグランドの聞き取りをしているときに、

「なんて魅力的な方なんだろう」 と思うのに、

いざ模擬面接を始めると、

その魅力が半分も出されていないことが多いのです。

 

ご自分のことを理解できていないんですね。

企業研究、職種研究とならび、

自己分析はとても大切です。

 

頭の中であれこれ考えているだけでは、

まとめるのはなかなか難しいものです。

 

ノートに書き出したり、

パソコンにまとめたりして、

自分でわかりやすいようにしておきましょう。


クルーバンクでは(19/10/14)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

みなさんはクルーバンクって 聞いたことありますか?

長距離フライトの時に、 クルーが寝るベッドの事です。

今日はクルーバンクでの過ごし方を ちょっぴりご紹介します。

 

機材によってデザインが異なりますが、

足を伸ばして横になることができるので、

サービス後の疲れた身体には ありがたかったです。

 

クルーバンクは、 カプセルホテルのような、

寝台列車のような、 合宿所のような感じです。

 

周りに人がいると気になってしまったり、

寝る場所によっては熟睡できないタイプの人は、

ちょっと辛そうでした。

 

眠れないからと言っておしゃべりしたり、

電気を付けたりするのはご法度。

他のクルーの眠りを妨げてはいけません。

 

クルーバンクではどうしても寝れないからと、

休憩中もギャレーで過ごすクルーも、

何人かいました。

 

私は結構どこでも眠れるので、

こういう図太さも、

CAに向いているところのひとつかもしれません。

 

クルーバンクに何を持って行くかは クルーの個性がでるところですが、

私は、

・マスク

・ボトルの水

・湯たんぽ

・ipod(まだiphoneはありませんでした。時代・・・)

がワンセットでした。

 

マスクで保湿して、

湯たんぽをお腹の上にのせ、

音楽を聴きながら自分の世界に入り、

そのまま夢の世界へ。

 

アラームもipodでそのまま代用し、

寝起きはボトルの水を飲む。

その後は何事もなかったかのように、

完璧に髪をセットして化粧をし、

お客様の前に出ます。

 

一連の流れは自然と出来上がったのですが、

フライト中もフライト後も良いコンディションで過ごすために、

とても大切なルーティンでした。

 

お客様からは見えないクルーバンク。

みなさんがここで仮眠をとる日も、

近いと信じています


年齢と体力(19/10/04)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日パンプスを履いて久しぶりにダッシュしました。

私は足が遅いので、周囲の方からは

「ちょっと急いでいる人」

くらいにしか見えなかったかもしれませんが、

全力猛ダッシュです。。

 

ちゃんと約束には間に合いましたが、

もっと時間に余裕を持って行動しようと反省です。。

 

昔はもう少し走れたのですが、

運動不足と年齢を実感しました。。笑

 

さて、私の反省談ではなく、

今日は体力についてです。

 

CAの採用年齢はずいぶんと緩くなったとはいえ、

明記はされずとも依然として壁は存在しているのは事実です。

 

若くてかわいい子が好まれるというのは、

あくまでも噂レベルの憶測です。

 

しかし現実問題として、

年齢が上がれば上がるほど低下する体力は、

やはりCAとしての職務に少なくない影響を与えます。

 

20代の志望者よりも、

30代の志望者の方が体力対策をしなければならないのは、

間違いないでしょう。

 

私は新卒・25歳・32歳で新人訓練を受けました。

 

知識の面で一番楽だったのは32歳の訓練ですが、

体力の面では一番つらかったのもまた、

32歳の訓練でした。

 

訓練が終わって乗務する時も、

一番動かなければならないのは、

新人CAです。

 

もちろん先輩になれば楽が出来るという事ではありませんよ!

先輩(パーサー)は基本的に統括役です。

キャビンを動き回るよりも、

ギャレーから全体を見て、

問題に対応したりと担当範囲を管理します。

 

責任が重くなり大変なのですが、

体力的な負荷は軽くなります。

 

しかし、新人は年齢に関係なく

キャビン内を忙しく動き回るのが仕事です。

 

30代の新人は真剣に体力対策をしなければ、

内定しないというよりは、

仕事がつらいです。

 

JALANAの来年の既卒試験、

今年の外資。

 

20代後半から30代の方は

どうしても年齢が気になりますよね。

 

しかし悩んでいる暇があったら、

運動をして体力をつけましょう。

 

ちなみに、32歳の新人訓練では、

33歳の同期もいました。

彼女はスポーツウーマンなので、

他の20代の同期よりも楽々と訓練をこなしていました!

 

健康のためにも運動しましょうね。

私も。。。頑張ります!


 1  2 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 2019年10月アーカイブ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス