エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > お客様との会話

お客様との会話(19/11/24)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

CAにとってフライト中は

猫の手も借りたいくらい忙しいのが常です。

しかし、ひとこと・ふたこと、

ちょっとした雑談を交わすことはよくあります。

 

特に海外では、 『ユーモアのセンス』

も教養のひとつと考えられることもあり、

ただ決められた接客用語で一律にサービスするよりも、

ちょっとしたひとことを加えるだけで、

喜ばれたりします。

 

しかし、どんなことを言えばいいのか判断は難しく、

海外でもお友達のように会話してしまうのは、

CAとしてはふさわしくありません。

場合によってはクレームに繋がりかねませんので、

注意が必要です。

 

私が現役時代によく使っていた一言があります。

コーヒーを頼まれた時にお出しするまで

時間がかかってしまうことがあります。

「サービス手順の関係で、

コーヒーをお出しするまで時間を頂いております」

なんて言ってしまうと、

たとえ事実であっても、

お客様はちょっと残念な気持ちになるかもしれません。

もちろんお時間を頂戴することに関して、

まずはお詫びを申し上げますが、

私はポジティブな側面を一言加えるようにしていました。

「お待たせして大変申し訳ございません。

淹れたてをご用意いたしますので、

もうしばらくお待ちいただけますか。」

 

この「淹れたて」という言葉で、

ふとお客様が笑顔になってくださることがよくあり、

お客様によってはお礼を言って下さることもありました。

(当然、嘘はいけません。 淹れたてと言ったからには淹れたてお出しします)

 

接客に100%の正解はありませんが、

ほんの少しの心配りで、

大きな違いを生み出すことがあります。

これが接客の醍醐味だと思いますし、

ぜひこれから接客に従事される方には、

楽しんで頂きたいところです。


お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > お客様との会話

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス