エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 2019年12月アーカイブ

2019年12月アーカイブ

やっぱり人の力(19/12/28)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日は年末最後に駆け込みで病院に行ってきました。

パンプスを履く女性に多い足のトラブルと言えば、

外反母趾が有名ですが、

魚の目が出来る人も多いんです。

 

長年パンプスと仲良しの私にも痛い魚の目が出来てしましました。。

(あまりキレイな話題でなくてすいません)

 

歩くのも苦痛になってきたので、

こんな時期ですが病院に行くことにしたんです。

 

さて、今日お世話になった病院は口コミ評判がよく、

びっくりするくらい混んでいました。

お昼の診察開始すぐに伺ったのですが、

すでに1時間半待ちと言われ。。。

結局先生のお顔を見るまでに2時間待ちました。

 

しかし。 診察と処置を終えて帰宅する時には、

「次回もこちらでお世話になりたい!」

と、この病院の大ファンに。

 

それは、

 

・誰よりも忙しく誰よりも忙しいであろう先生が

ブレずに元気で親切で明るくて説明が明瞭だった。

・スタッフひとりひとりの雰囲気が良く、

忙しくとも快適な職場環境であることがうかがえた。

・院内はどこも清潔で明るく快適だった。

からです。

 

魚の目の処置なんて、 どこの病院でもできる簡単なものです。

しかし、患者さん一人一人と向き合って、

しっかり話を聴いてくださる先生やスタッフの皆さんの態度から、

『この人たちは信頼できる』 と強く感じました。

また、そう感じる人が多いから、

いつも混んでいるのでしょう。

 

この病院の先生やスタッフの方の姿からは、

航空会社を目指すみなさんも学べることが沢山あります。

 

各社様々なサービスを打ち出し、

航空旅行は日々より快適に進化しています。

しかし、そこを更に差別化できるのは やっぱり人の力。

様々なスキルも大切ですが、

人間力って本当に大切だなぁと、

改めて感じました。


航空機トラブルを経験したCAの在り方(19/12/26)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日、ANA機が福岡空港に緊急着陸しました。

エンジンから煙を出しながら飛行する映像が、

ニュースなどで沢山放送されていたので、

ショックを受けた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

怖い思いをされた皆さんは本当にお気の毒ですが、

全員が無事に降機できたことは嬉しく思いました。

客室乗務員として緊急着陸などの

航空機トラブルを経験する人は、

10年以上のキャリアがある方でも一握りです。

 

しかし、この「もしも」に当たってしまった時、

新人であろうとも、

本当にプロフェッショナルな対応が求められます。

それは、無事に降機した後も、です。

 

お客様はもちろんですが、

乗務員も極度の緊張状態で着陸します。

その後、気が抜けて、

ペラペラとトラブルの様子を語ってしまったり、

怖かった、もう駄目だと思ったなどと吹聴してまわってはいけません。

 

トラブル後は航空会社の代表である事を

最も自覚しなければならない状況と言ってもよいでしょう。

 

面接では信頼感も重要なポイントですが、

いざというときにきちんと対応できる人間か、

そんなところも見られていますよ。


LCCのフラットシート対FSCのエコノミークラス(19/12/21)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

ZIPエアが機内をお披露目しましたね。

フルフラットのシートはニュースにも出ていました。

 

中長距離を運航する航空会社では、

LCCであってもクラス分けをしていることが多く、

ZIPのように足をしっかり伸ばせるシートも珍しくありません。

 

また、広いシートのクラスになると、

LCCでも荷物を無料で預かってくれたり、

機内食が無料で提供されたりと、

かなり手厚くサービスされます。

(ZIPは細かいサービス内容は発表していません)

 

その代わりもちろん、

お値段は高め。

一般的なシートの数倍することが殆どです。

 

しかし、このLCCの広いシートは、

FSCのエコノミークラス客にとって、

とても魅力的なオプションなのです。

 

ビジネスマンが出張する場合、

日本から欧米などの長距離では

ビジネスクラス代を出してくれる会社もありますが(減りましたが)、

7時間程度の東南アジアなどではエコノミー代しか出さない会社が多いのです。

 

たとえFSCでもエコノミーに7時間座って、

到着後すぐに仕事するのはなかなかハード。

 

しかしLCCのフラットシートなら熟睡しやすく、

疲労度が全く違うとか。

 

フラットシートはLCCとしてはお高い価格ですが、

FSCのエコノミークラス正規料金と、

あまり変わらない価格設定にされています。

 

しかし定時制に関しては

FSCのほうがやっぱり安心。。

 

悩ましいですね!

 

みなさんだったら、

どちらがいいですか?


空港グルメ(19/12/21)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

GSの職場は言わずもがな空港ですが、

CAにとってもベースの空港は職場のようなものです。

そのためフライトの前後やトレーニング中など、

空港で食事をすることが多々あります。

 

世界各地で美味しいものを食べているCAが多いですが、

ベースの空港でもお気に入りのレストランなどがあるものです。

 

私が香港で働いていた時に頻繁にお世話になっていたのが、

到着ロビーに広い店舗を構えるクリスタルジェイドでした。

チェーン店なのですが、

ここの担々麺と小籠包は日本人の口にも合い、

誰を連れて行っても喜ばれます。

(辛くない麺もあります)

 

同期とフライトが一緒になると、

帰りにクリスタルジェイドに寄って担々麺を食べる。

なんてこともありました。

 

また、フライト頻度が高い空港も、

詳しくなります。

シンガポールではパンダンケーキを、

マニラではチーズブレッドを、

必ず買っていました。

 

ステイ時間が短い時は、

空港グルメを楽しみにフライトをすることもありましたよ。

国内だと、 石垣島空港の八重山そばは絶品!

 

空港って意外とやることがなくて手持無沙汰ではありませんか?

乗り継ぎ時間が長い場合など、

是非CAにおススメのレストランを尋ねてみてくださいね。

手軽で美味しい空港グルメを教えてもらえると思います。


ベテランCAの力量(19/12/19)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

乗客として飛行機に乗り、

CA達を観察していると、

バタバタ動き回っているのは若いCAだけ。

ベテランの貫禄たっぷりのCAは。。。

何してるのかよくわからない。。。

なんてことがよくあります。

特に大きな航空会社ではよく見られる光景です。

 

ベテランCAももっと動けばいいのに。。

と不満に思う新人CAもいますし、

お客様から、 「あの人なにもしないね」

なんて声をかけられたこともあります。

 

しかし! ベテランCAの力量たるや、

すごいことが多々あるのです。

それは主に、 問題解決能力。

機内でトラブルがあった時、

ベテランCAが登場することで、

嘘みたいにサクッと解決することがよくあります。

 

ベテランCAは 様々なケースを沢山経験してきたことから、

できること・できないことの線引きをクリアにしていて、

それを毅然と伝えることができる。

そして全体を俯瞰して見る力があるので、

小さなことにとらわれず、

バランスのよい決断ができる。

 

乗客としてもCAとしても、

そんなスーパーベテランCAに何度も助けられてきました。

 

大きな航空会社の場合、

LCCなどと比べると昇進は遅い傾向があります。

しかし、ベテランの先輩から学べる期間が長いという、

ポジティブな側面もあります。

 

みなさんが晴れて夢を叶え、

航空会社に入社したら、

そんなベテランCAの先輩に出会うこともたくさんあるでしょう。

是非ともしっかり観察して、

コミュニケーション能力や判断力を 学んでくださいね。


新幹線よりも・・・(19/12/15)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

今日は、

 

【新卒でCAになり、

その後もずっと 航空業界で過ごしたひとあるある】

 

をひとつご紹介します。

 

それは、

 

新幹線の乗り方がよくわからない。

みなさんご存知の通り、

CAになると航空券は格安で手に入ります。

Zという各社共通格安航空券を使える会社の場合、

世界中どこに行っても破格の値段で飛行機に乗れるので、

どこに行くにも飛行機で移動するようになります。

(いくらになるのかは入社してからのお楽しみです)

 

社会人になってからの交通手段が飛行機メインなので、

新幹線がどんどん遠い存在になっていく。。。

そして気が付いたら、

新幹線の乗り方が良く分からない大人になっているのです。。。

 

今年の夏に京都へ旅行した時の事。

東京から京都は飛行機よりも断然新幹線が便利です。

しかし、CA時代の仲間達は

「伊丹に飛ぶほうが分かりやすい」

と口をそろえて言います。笑

 

どう調べても新幹線の方が動線がシンプルなので、

CA仲間の助言は無視して新幹線を予約。

ちょっとドキドキしました。笑

 

CAは旅の達人!なんて言われますが、

飛行機旅行の達人!と言い換えたほうが良いかもしれませんね。


言葉のちから(19/12/15)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日某新聞の一面で、

若者の文章力について書かれていましたね。

 

「最近の若者は・・・」というのは、

大昔から言われ続けていることですので、

若者・・・というところは

そんなに気にすることは無いと思います。

 

しかし、文章の組み立てが苦手だと

自覚している方がいらっしゃったら、

是非早めに対策を取って頂きたいと思います。

 

当たり前のことですが、

CAは人間相手の仕事です。

対人能力を求められる仕事は、

言葉を使う力がなければ務まりません。

 

お客様のお手間を取らせるお願いをしなければならい時、

(機内保安関係のことなど)

お客様に状況説明しなければならない時、

(遅延や機内食の予約不備など)

機内では言葉でお客様の気持ちを静め、

納得していただかなければならない場面が

沢山あります。

 

また、各々セットクルーで働いているので、

機内で何かあった場合は、

レポートやメモメッセージで、

他部署や他のセットクルーと コミュニケーションを取ります。

文章能力も問われるのはそのためです。

 

若者に限らず、

最近はSNSのおかげで便利になった反面、

長文の文字を書かなければならいことも

口頭で説明しなければならないことも、

少なくなりました。

 

言葉の力は使っていなければどんどん低下します。

言葉を運用する能力を鍛える環境が少なくなってしまった昨今、

意識的に練習する必要があると思います。

 

問い合わせはメールではなく電話でする、

大学のレポートは相手の読みやすさにこだわる、

などなど、 できることはたくさんありますよ。

 

一朝一夕で文章能力は向上しません。

思い立ったその日から少しずつ取り組んでみましょう。


 1  2 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 2019年12月アーカイブ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス