エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 2020年1月アーカイブ

2020年1月アーカイブ

ジェイエア客室乗務員募集(20/01/31)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

大人気エアライン、

ジェイエアが 客室乗務員を募集しています。

 

身長や英語力に不安がある方でも、

比較的門戸が広く開かれていますが、

「身長が低いからこの会社にしよう」

「英語が苦手だからこの会社にしよう」

と短絡的に考えていては

試験対策にもその姿勢が出てしまいます。

 

きっかけとしては良いと思いますが、

受けるからには会社と自分にしっかり向き合いましょう。

 

実は私も、学生時代は英語が大の苦手でした。

わざわざ苦手なことを必死に克服しながら働くよりも、

大好きな国内旅行を仕事にしたいと思い、

国内線メインの会社を第一志望にしていました。

(結局英語しか話さないような会社に転職したのですが、

それはまた別の機会にお話しします・・・)

 

もちろんそのまま志望動機にすることはできないので、

・ベース地に貢献したサービス

・お客様との距離の近さ

などテーマをいくつか決めて考え、

自分が何をしたいのか何ができるのかをお話ししましたよ。

私の新卒時代はすでに大昔のお話しではありますが、

国内線メインの会社を受ける時のアプローチ としては

今でも使える方法だと思います。

 

みなさんは、

何がしたいですか?

何ができますか?


機内でのクレーム対応(20/01/31)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

クレーム対応は、

全ての接客業従事者にとって、

避けては通れないものです。

 

自分がどんなに気を付けて努力しても、

飛行機の遅延や予約の不備など、

CA個人の力ではどうしようもないことで、

クレームを受けることは多々あります。

 

クレーム対応の方法については

何冊も本が出版されているくらい

奥深く難しいものです。

 

しかし、 『機内での接客をするうえで、

どんなクレームがあり、

それを防いだり、

対応したりするにはどうするべきか、

また、 自分ならどうするか』

を想像して考えることは、

職種研究の一環としてとても大切です。

答えはたくさんあります。

 

例えば、 CA一人一人が会社の規定を熟知していることは、

クレーム予防、クレーム対応、 両方において大切です。

お客様を否定せず話を聞き共感することも、

クレーム対応として必要な姿勢です。

 

皆さんなら、 どう思いますか?

是非考えてみてくださいね。


海外での安全策(20/01/30)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日バドミントンの日本代表選手が、

マレーシアで交通事故に合い、

大変な怪我をしたとのニュースがありました。

 

ある程度回復して帰国できたそうですが、

まだ残る傷が痛々しく、

早く全快して元気にプレイして頂きたいと思います。

 

事故は自分に非がなくとも巻き込まれることがあり、

それは日本にいても海外でも同じです。

 

大切なのは事故などに巻き込まれた時の対応が出来ること

。 海外で【もしもの時】に必要なのは、

・現地の知識がある程度あること

・状況を伝えられる英語力があること

・必要書類を携行していること など。

 

客室乗務員を目指す多くの方が、

国際線乗務を目指していらっしゃいますね。

 

フライト先で【もしもの時】に遭遇したら、

きちんと対応できますか?

 

仕事で海外に行くときは、

自分の行動に責任が伴います。

会社が求める英語力を身につけることは、

その責任のひとつとも言えますし、

国際情勢のニュースをチェックするのも大切ですね。

 

できることから始めましょう。


ANAのサブスクリプション実証実験(20/01/30)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

ANAとADDressgaが提携し、

航空券定額制サービスの実証実験が開始されます。

 

ADDressが展開している、

『全国の家に自由に住めるサービス』を契約している人対象で、

ADDressの月額料金プラス月額3万円で、

ANA国内線の指定便に限り毎月2往復できるというのも。

 

これって凄い!!

 

ノマドワーカーを始め、

自由なワークスタイル、

自由なライフスタイルを選ぶ人が増えています。

 

私の友人にも、

平日は都心で働き、

週末は地方で農業をする人がいます。

 

定住でも交流(観光)でもなく、

地方に『関係』する人が増えてきた昨今。

さらにこの関係人口を増やしていくことで

地方の活性化が期待されていますが、

このサービスはそれを後押しする力になるかもしれません。

 

LCCの台頭で航空券は本当に安くなりましたが、

このサービスを利用すれば、

路線や時期によってはLCCよりも安いかもしれません。

交通費の問題解決に繋がると素晴らしいですね。

 

まだまだ実証実験ですし、

今後どのように変化していくかはわかりませんが、

目が離せないサービスです。


AIRDO客室乗務員募集(20/01/09)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

AIRDOが客室乗務員の募集を発表しました。

既卒および、

この3月に卒業する新卒者も

応募可能です。

 

観光にグルメに人気があり、

住みやすい街としても評判の札幌ベース。

 

AIRDOは東京をはじめ、

神戸や名古屋などに就航しています。

また、北海道内の帯広や函館などの空港にも就航。

 

まさに北海道を代表するエアラインです。

 

機内サービスでも道産のお食事や飲み物が提供されています。

 

『大手航空会社でも格安航空会社でもない』

独特の経営・サービス。

 

コンセプトがはっきりしていますので、

共感できる方にはやりがいのある職場になりそうです。

 

私は個人的にモーニングのパンを頂いてみたいです。

とっても美味しそうですよ!

 

寒さに負けず、

しっかり準備してのぞみましょう!


緊張しすぎる時は(20/01/09)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

毎年この時期になると、

新卒就活生さんの雰囲気がピリリとしてきます。

 

適度な緊張感はむしろ良いことですし、

一日一日を大切に頑張ってほしいと思うのですが、

極度に緊張したり自信を失うのは避けたいところです。

 

CA就活はどんなに早くても夏までかかります。

長丁場なのであまりピリピリしすぎると、

心身が持ちません。

 

極度の緊張や自信喪失は、

真剣だからこそ、

想いが強いからこそ、

ということも多々あります。

 

お友達や家族、先生方に話を聴いてもらって、

適度にガス抜きしていきましょうね。

 

ただし本当に努力不足の場合は、

計画的に必要な技量を身に着けるようにしましょう。

 

SPI対策や英語の勉強は、

通学時間を使ったり、

自宅に単語表を貼ったり、

隙間時間の活用を。

 

立ち居振る舞いや話し方は、

今日から気を付けて、

目上の方に意見を聞きましょう。

 

小さな前進でも、

成長は自信に繋がります。


曜日がわからない(20/01/06)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

飛行機の仕事は年中無休。

国際線の場合は24時間体制です。

CAとして働いていると、

『あと何回飛べば休みか』

は把握していても、

『今日は何曜日か』

は分からなくなってしまうことが

たまにありました。

 

特に忙しい時期はしょっちゅう

『今日何曜日だっけ?』

と同僚に聞いていた気がします。

(そして同僚も答えられない。笑)

 

そんな時期にヨーロッパフライトが入ってしまうと、

うっかり日曜日に出かける予定を立ててしまい、

どこも開いていないという状況になってしまったことも。。。

(ヨーロッパの郊外ではスーパーも 日曜日は閉まってしまいます)

 

土日があまり意味を持たず、

ホリデーシーズンは特別サービスがあるから、

仕事上把握はしている、

というCAのライフスタイル。

 

退職してからはカレンダー通りに生活していますが、

ここ数日はお正月ということもあり、

『何曜日だったっけ?』

と思うことが数回あり、

現役時代をなつかしく思い出しました。

 

明日から仕事始めの方も多いようですね。

全国的に寒いようですが、

体調に気を付けて頑張りましょう!


 1  2 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 2020年1月アーカイブ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス