エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > 海外での安全策

海外での安全策(20/01/30)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日バドミントンの日本代表選手が、

マレーシアで交通事故に合い、

大変な怪我をしたとのニュースがありました。

 

ある程度回復して帰国できたそうですが、

まだ残る傷が痛々しく、

早く全快して元気にプレイして頂きたいと思います。

 

事故は自分に非がなくとも巻き込まれることがあり、

それは日本にいても海外でも同じです。

 

大切なのは事故などに巻き込まれた時の対応が出来ること

。 海外で【もしもの時】に必要なのは、

・現地の知識がある程度あること

・状況を伝えられる英語力があること

・必要書類を携行していること など。

 

客室乗務員を目指す多くの方が、

国際線乗務を目指していらっしゃいますね。

 

フライト先で【もしもの時】に遭遇したら、

きちんと対応できますか?

 

仕事で海外に行くときは、

自分の行動に責任が伴います。

会社が求める英語力を身につけることは、

その責任のひとつとも言えますし、

国際情勢のニュースをチェックするのも大切ですね。

 

できることから始めましょう。


お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > 海外での安全策

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス