エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ > タヒチとイースター島

タヒチとイースター島(20/03/08)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

就活が始まると何かとネガティブになりがちな方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこて今日は、

私のCA人生で一番、

「CAになってよかった」

と思った2週間についてお話しします。

 

多くの外資系のエアラインでは

毎年長期休暇を取得できる制度があり、

私が以前働いていた会社も年間20日以上の休暇がありました。

もちろん病欠などはまた別です。

 

入社4年目の時に同期と、

「ちょっとモアイ像見たくない?」

という話になり、

2週間かけてイースター島とタヒチを旅しました。

 

日本からイースター島に行くには、

東京からタヒチを経由する方法と

北米とチリ・サンティアゴを経由する方法があります。

私たちはタヒチ経由を選び、

経由地のタヒチでもパペーテとボラボラを楽しみ、

イースター島ではゆっくり一周するという旅程にしました。

 

東京からタヒチは10時間以上のロングフライトです。

しかし、エメラルドグリーンの海を見れば

フライトの疲れなんて一瞬で吹き飛びます。

ホテルの餌付けプログラムに参加したり、

スパに行ったり、 マーケットで食事したり。

首都パペーテだけでなく、

プロペラ機でボラボラ島にも行きました。

経由地としてではなく、

数日間のステイを満喫しました。

 

そして、念願の巨大モアイ像を見にイースター島へ。

観光ガイドの方を雇い、

3日かけて島を一周しました。

島とモアイ像、環境の話を伺い、

ダンスショーも見学。

毎朝飲む新鮮なグアバジュースが美味しくて、

今でも忘れられません。

 

時間は十分ありますので、

観光の合間にはもちろんシエスタ(昼寝)し、

のんびりと過ごしました。

 

交通費はもちろん、

2週間の滞在費も、

普通に旅行したらなかなかの高額になりますが、

エアライン職員は飛行機代もホテルも破格の金額で利用できます。

こんな贅沢な旅行を気楽に楽しめるなんて。

CA最高じゃないかって心底思った旅行でした。

 

就活でネガティブになると、

「人間関係が大変らしい」

「仕事がきついらしい」

など更にネガティブな情報に目が行きがちです。

 

しかし、こんないいことが出来るのもCAならでは。

楽しい想像もしつつ、 就活期間を乗り越えましょう!


お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ > タヒチとイースター島

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス