エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ

飛行機でお気に入りの機材は何ですか?(18/05/12)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

飛行機の大きさは会社によって様々ですよね。

 

ANAが導入する超大型A380もありますし、

定員50名程度の小型機もあります。

 

それぞれの飛行機の大きさによって働き方も様々です。

 

私はA380に乗務する機会はありませんでしたが、

もうすでに退役したB747(通称ジャンボ)には乗務しました。

お荷物の収納スペースも他の機材と比べると大きいですし、

クルーもたくさん、サービス物品もたくさん載っています。

コミュニケーションさえうまくいけば働きやすい機材でしたし、

何よりあの時代の『憧れのジャンボ』で働けることは誇りでもありました。

しかし、コミュニケーションがうまくいかなければ。。。

人も物も迷子になり、なかなか大変でした 。

 

私が乗務した中で一番小さい飛行機はB737という150席程度の機材でした。

一番大変だったのはお荷物の収納です!

棚が他機種よりももともと小さいので、

ボーディング時にはお客様が少ないうちからせっせと荷物整理をしていました。

当時は先輩から「空間プランナーみたいね!」なんて言われたことも。

ただ、よく言われることですが、 『お客様との距離』が本当に近いので、

フライト時間が長い時はよくお客様とおしゃべりをして楽しみました。

高度が低い時は日本全国のいろんな名所を乗員乗客が一体となって楽しんだり。

 

どんな飛行機にも個性があり良さがあります。

 

皆さんのお気に入りの機材は何ですか?

 

お読みいただき、ありがとうございます。


新人さんデビュー(18/05/08)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

みなさん、GWは満喫されましたでしょうか。

こちら東京は昨日から冷たい雨が降っています。

体調を崩さないように気を付けなければいけませんね。

 

さて、4月に晴れて航空会社の仲間入りを果たした多くの新人さんたちが、

続々とデビューしているようです。

機内でも空港でも、ただただ忙しく、

毎日を必死に過ごしている方も多いようですね。

 

先日、今年からグランドスタッフとして働いている方とご連絡する機会があったのですが、

もうすでに出発到着ゲートで走り回っているとのことでした!

 

私も新人の頃は先輩のスピードについて行くだけで精一杯で、

とにかく無駄なく業務をこなすために休日は紙に業務い内容をすべて書き出し、

イメージトレーニングを重ねたりもしていました。笑

 

その当時は辛く厳しいと感じていましたが、

本当に成長させて頂いたと、

今は感謝と共に思い出します。

 

客室乗務員、グランドスタッフという職種に関係なく、

多くの方が、『人生で一番勉強した』と振り返る、

訓練から新人時代。

 

航空会社では成長できる、

と言われるのは、

まさにこの厳しい時期のおかげでもあると私は思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


LCCの楽しみ方(18/05/04)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先日ピーチアビエーションが客室乗務員の募集を発表しました。

外資系でもスクートなどが募集を出しており、

LCCの採用活動が活発なようです。

 

みなさんはLCCと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

 

FSCと比べると運賃が安くなることはご承知の通りと思いますが、

それだけでしょうか。

 

私がLCCを利用する時の楽しみは機内販売です。

 

LCCのホームページを見ると、

その便でどのようなものを購入できるかチェックすることができます。

 

機内食のメニューは迷うほどある会社も多く、

またスナックやドリンクも多数あります。

航空会社のグッズが売っていることも多く、

フライト前からワクワクします。

そしてお値段もリーズナブルです。

是非各社のホームページをご覧くださいね。

夜中に見るとお腹が空く危険もありますのでご注意ください。笑

 

シートや荷物の大きさで、

フライトにかかる金額を調整できることも魅力の一つですね。

 

フライトから旅を自分で作り上げる楽しみを味わえるところが、

LCC利用の醍醐味だと思っています。

 

ご利用される方は楽しんでくださいね。

そして、受験される方は頑張りましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


満席時のコミュニケーション(18/05/01)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

ゴールデンウイーク真っただ中。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

お盆、年末年始、ゴールデンウィークなどの連休は、

臨時便を運航することもある繁忙期です。

この時期の航空会社はどこも満席。

航空会社の社員たちは大忙しです。

 

満席時のフライトで大変だった思い出と言えば、

クルー間のコミュニケーションです。

 

最もコミュニケーションが必要なタイミングと言えば、

お客様のボーディング時と 機内サービス時でしょうか。

 

そしてこの2つのタイミングはすべてのクルーが最も忙しい時間。

 

自分自身が担当するエリアをきちんとケアしながら、

離れた場所の、しかもそちらも忙しいクルーに連絡するのはなかなか大変です。

 

新人さんが一番最初にぶつかる壁でもあるかもしれません。

 

持ち場を離れることが出来ないときは、 

インターフォンを利用したり。

相手が忙しくて話せないときは、

メモを利用したり。

 

内容とタイミングを考慮して情報を伝えます。

 

国内の航空会社では野球の試合のように手文字を使うこともありますよ。

 

コミュニケーションの内容によっては、

フライトの安全性に関わることもありますので、

必要な情報を必要な相手に届けるスキルは客室乗務員にとってとても大切です。

 

面接でも「コミュニケーション能力を生かして客室乗務員になりたい」とおっしゃる方は多いですね。

 

繁忙期に飛行機を利用する機会があれば、

 

クルーのコミュニケーションを観察してみるのもいい勉強になるかもしれません。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


外資系の募集が続々と(18/04/27)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

4月は新卒就活のスタートダッシュ期ですが、

今年は外資系の募集も多数出ています!

 

書類受付締め切りが直近のものがアシアナ航空で5月3日までです。

(サイトはこちらhttps://recruit.flyasiana.com/english/recruit/recruit_application_view.asp?id=1034)

 Kpopブームもあり韓国語を学んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ベージュの制服がとても素敵です。

 

先日7年ぶりに募集を発表したのはキャセイパシフィック航空。

(サイトはこちらhttps://careers.cathaypacific.com/jobs/flight-attendant-japan-cathay-pacific-cathay-dragon-hong-kong-base-2745651)

香港ベースで世界中にフライト出来るのが魅力です。

同時にドラゴン航空の募集も出ました。

他にもまだまだ募集が出ていますので外資系の客室乗務員を検討していらっしゃる方はチェックしてくださいね。

 

外資系航空会社、と言ってもいろいろですが、

全社に共通している魅力は、

 

日本とは違うバックグラウンドを持つ人たちと仕事をするというエキサイティングな経験が出来ることだと思います。

根底にあるホスピタリティは基本的に同じだと思いますが、

その表現方法にはお国柄が出るなぁと私も現役時代に感じていました。

 

海外のサービスを学ぶと同時に日本流のサービスをお伝えするのも日本人乗務員の大切な仕事です。

 

私も、おいしい緑茶の出し方などを外国人の同僚に話したことがあります。

 

外国の会社で働くと、自分の国について改めて見つめ直す機会も多くなります。

それもまた大きな学びでした。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


CAの転職事情(18/04/24)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先週からちょこちょこと元同期に会う機会がありました。

厳しい訓練を力を合わせて乗り越えた同期とは、

退職したり母親になって立場が変わってもずっと仲間です。

 

さて、先週会った同期は国内航空会社時代の同期でした。

彼女は中東系航空会社へ転職経験があります。

 

昨日会った同期は外資系航空会社時代の同期で、

彼女はアジア系航空会社を2社経験しています。

 

私も国内系から外資系への転職経験者です。

 

 航空業界、特に客室乗務員職においては転職は一般的です。

 

転職理由は様々。

 

結婚を機にベースを配偶者の勤務先に合わせたい、

海外暮らしで自分を試してみたい、

フライトスケジュールをゆったりめにして家族との時間を作りたい。。。など。

 

昨今は外資から国内への転職も増えています。

 

自分の生き方に合わせて働き方を変える、

フレキシブルな考え方の人が多い業種とも言えるかもしれませんねSmile

 

お読みいただき、ありがとうございます。


航空会社の社員はグッズがお好き?(18/04/20)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

CAやGSを目指していらっしゃる皆様の中には、

航空会社のグッズをお持ちの方も多いかと思います。

 

特に第一志望の会社のシールをお守り代わりにノートに貼ったり、

ボールペンを持ち歩いたり。。

なんて話もよく耳にします。

 

そんな航空会社グッズ。

 

内定したらさよなら。。。とはならないのが航空会社の社員です。

 

内定後も航空会社のグッズ、飛行機のグッズは増えていく一方です。

 

まずCAになったらシンガポールのクルータグを同期みんなで一斉注文!

最近はバンコクのクルーベアも一斉注文!(私が現役の頃はありませんでした)

空港のショップでremove before flightのキーホルダーはマスト購入!

飲み物用のボトルやボールペンは自社製品を使用!

 

気が付いたら飛行機グッズだらけになっている航空会社社員は多数です。

 

しかし、もし、自分の仕事に誇りを持てなかったら、

自社の関連商品なんて買う気になれません。

 

航空会社の社員は「本当に自分の職場が好きな人が多い」とも言えると私は思います。

 

オフの時に家にくつろいでいるときにも、

自社のモデルプレーン、つまりCAにとっては職場、が目に入っても全く嫌ではないんです。

新しい機種が導入されたり、古い機種が退役する時は買い足しちゃうくらいです。

 

自分たちの職場が大好きな人たちが集まった会社。

 

航空会社の大きな魅力の一つだと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


[BACK]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス