エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ

グループ面接での共感(18/10/13)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

みなさんは学校や職場で判断に迷ったり、

改善策が見つからなかったりで、

周囲の方に助けを求めた経験がありますか?

 

おそらくほとんどの方があるかと思います。

 

そして、頂いた助言の内容は様々だと思いますが、

まず共感してもらえると嬉しくないでしょうか?

 

私も先日ちょっと悩むことがあり(エアネットとは無関係の私事ですが)、

その道のプロの方達にちょっと相談させてもらいました。

 

素晴らしいアドバイスをたくさんいただけたことにはもちろん感謝ですが、

更に、「それは大変でしたね!」や、 「私も経験がありますが、辛いですよね!」 など

共感していただけるコメントに心がじんわり温かくなりました。

 

さて、本題の≪面接での共感≫です。

 

よく、「グループ面接では他の方の話を聞き、適度に頷くこと」などどいわれますね。

この「頷き」は共感を示すジェスチャーです。

面接ではいちいちコメントするわけにはいかないので、

ジェスチャーで示すわけですね。

 

しかしこのジェスチャーがなかなか曲者です。

 

≪とりあえず頷いておけばいい!!≫ という姿勢で臨むと、

 

その気持ちがバレバレになってしまうこともあるので要注意なんですよ。

 

面接官は毎日何百人という志望者と会っています。

(ベテラン面接官はそれを毎年繰り返しています)

 

本当に話を聞いているのか、

わざと頷いているだけのか、

一目で分かります。

 

私も模擬面接などで、

(話を聞いて頷いてるのではなく、頷いてるのをアピールしたいのでは。。。)

と思ったことが何度かあります。

 

心からの共感は喜んでもらえるものですが、

心のこもっていない上辺だけの共感は

相手を嫌な気持ちにさせてしまうこともあります。

 

日頃から周囲の方の話を聞き、

相手が快く話せるような態度を心掛けておきたいですね。

 

ご自分の所作に自信がない方は、

一度グループ面接の練習をしておくこともオススメしますよ。

 

お読みいただきありがとうございます。


外資でもTOEIC(18/10/10)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

KLM、エティハド、エミレーツと外資の募集が続いていますね!

受験される皆さん、頑張りましょう!!

 

さて、最近外資系航空会社でも応募資格にTOEICのスコアを求めることが増えてきました。

国内航空会社では10年以上前からTOEIC600点以上が客室乗務員の応募資格として求められてきましたが、

外資としてはここ数年の新しい動きです。

 

今募集中の中東2社では規定はありませんが、

KLMは700点以上とのことです。

 

以前は採用試験で英語力もチェックされていましたが、

最近はどの会社も面接回数が減ったり筆記試験がなくなったりと、

採用試験そのものを簡素化する傾向があります。

 

入社後に渡されるマニュアルは数百ページに及び、

そのすべてが英語で書かれています。

面接の短時間でその読解能力を測るのはなかなか難しいですよね。

 

マニュアルを読みトレーニングをこなす能力があるかどうか測る客観的なテストとして、

TOEICが選ばれたのは納得です。

 

現在英語力が十分あるけどTOEIC未受験の方は早い機会に受験を。

まだまだ学習が必要な方は早急に準備を始めましょう!

 

TOEICは対策すれば必ずスコアアップできる試験ですよ。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

エアネットではエアラインの基礎を学ぶ エアライン面接体験会+交流会を開催いたします

参加費は無料です!

・何から始めたらいいのかわからない

・自分の課題が何なのか知りたい

・エアラインスクールってどんなところか知りたい など、

これから就活を始められる方の疑問や不安の解決に役立つ情報満載の2時間です。

 

【開催日時】

東京校

10月16日(火)18時~20時

10月27日(土)13時~15時 

みなさんとお会いできるのを一同楽しみにしています!!


航空会社における電子化(18/10/06)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

数年前からANAが客室乗務員にipadを貸与し、

マニュアルを電子化しています。

スケジュール確認もできるので

皆さん常に携行していらっしゃいますね。

 

客室乗務員のマニュアルは数百ページに及ぶ大変分厚いもので、

アップデートするのがとても大変です。

(安全とサービスのそれぞれに分厚いマニュアルがあります。)

電子化することにより作業効率がよくなったはずですね。

 

また、機内エンターテイメントにおいても、

お客様ご自身のタブレットやスマホにあらかじめアプリをダウンロードしていただき、

機内wifiで映画や音楽を楽しめるサービスを提供する会社も増えています。

 

現在はそれぞれの座席にテレビがついている形がまだ主流ですが、

国際線でパーソナルテレビが故障すると大きなクレームになることもあります。

お客様ご自身の使い慣れたディバイスを使っていただくことで、

快適性の向上につながり、

航空会社のメンテナンス負担も軽減できていますね。

 

機内での接客は一見アナログな仕事ですが、

随分デジタル化されているんですよ。

 

10年前には想像もできなかった変化ですが、

これから10年先にはさらに変化しているのだろうと思うとワクワクしますね。

お読みいただきありがとうございます。


外国人に勧めたい日本食(18/10/03)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日の東京は肌寒く感じます。 

徐々に秋らしくなってきましたね。

(まだ台風がこちらに向かっているのには驚きですが。。。)

 

寒くなると我が家ではレンコンを使った料理をよく作ります。

薬膳のレッスンで気管支が弱い人に良い食材だと勧められたのがきっかけですが、

我が家は家族全員レンコン好きなので美味しくいただいています。

 

さて、このレンコン。

英語で何というかご存知ですか?

 

また、 これから鍋料理に欠かせない白菜、

春においしいタケノコ。。。

これらの食材の英語名は何でしょうか??

 

レンコンに白菜、タケノコは日本ではお馴染みですが、

欧米では日常的な食材ではありません。

 

機内では、その国独自の食材を使ったメニューをお出しすることが多く、

日本やアジアではレンコンも白菜もタケノコもよく登場します。

 

そこで旅行を楽しまれている欧米からのお客様から、

 

『これは何という食材ですか?』

という質問をされることも。

 

上記3つの食材は、

私が外資で乗務していた時に実際質問された食材です。

 

正解は

レンコン lotus root

タケノコ bamboo shoot

白菜 chinese cabbage(他の言い方もあり)

です。

 

日系エアラインでは面接の時点で

日本の食文化について高度な英語で説明する必要はありませんが、

 

外国人に勧めたい日本食は?

機内食で提案したい日本食は?

など、

 

日本食関連の質問はJALANAでも過去の面接で聞かれています。

 

私たちが当たり前に毎日食べている日本の家庭料理。

今夜のメニューは外国人の方ならどう思われるでしょうか?

どんなところをお勧めしたいですか?

是非考えてみてくださいね。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


エアアジアXの面接(18/09/29)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

昨日は今年からエアアジアXで働いている方とランチしてきました。

彼女が大学を卒業して以来お会いしていなかったので、

半年ぶりの再会です。

 

クアラルンプール暮らしで鍛えられて随分逞しくなり、

また、先輩方に刺激を受けたのか、

とっても美しい大人の女性になっていました!

何だか感動しました・・・。

 

昨今頻繁に募集をかけているエアアジアX。

アジアにおけるLCCのパイオニア的な存在である

エアアジアグループの中長距離路線を運航する会社です。

(ホノルル線があるのがうらやましいです)

 

外資系のLCCを目指す方に人気がある会社ですね。

 

さて、エアアジアXの面接で彼女が気を付けていたポイントを伺いました。

 

ずばり、

 

≪楽しむこと!! ≫

 

だそうです。

 

そして、

 

≪英語力は重要視されます! ≫

 

とも仰っていましたよ。

 

この方が面接を受ける前のことを私も覚えているのですが、

アジアが大好きなので、

『アジア訛りの英語が聞けるって考えただけでワクワクします』 って仰っていました。

 

ポジティブな気持ちは黙っていても伝わります。

想いが強ければ強いほど緊張してしまいますが、

しっかり準備をしたら後は運を天に任せて、

とびきりの笑顔で面接に臨みたいですね。

 

お読みいただきありがとうございます。


わからないことは聞く(18/09/29)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

3連休はみなさんどのように過ごされましたか?

東京では大きな天気の崩れもなく、

観光地では連日大賑わいだったようです。

 

我が家も友人家族と一緒にお出かけしました!

 

その友人の妹さんが先週某外資系グランドスタッフに内定!!

 

彼女も一緒に出掛けたので、 面接でのお話しを色々聞かせてもらいました。

伺った面接エピソードの中で一番印象に残っているのは

 

≪面接中に面接官に質問した≫

 

と仰っていたことです。

 

みなさん、もし面接官の質問を理解できなかったり、

手渡されたアナウンス原稿を読めなかったりしたら、

ちゃんと質問していますか?

 

面接官の話さえ聞いていれば分かることなら、

集中して聞いて理解するに越したことはありませんが、

どうしてもわからないことはきちんと尋ねましょう。

 

なぜ質問が大切なのでしょうか?

 

フライトは一人ではできません。

 

CA、GSだけでなく、 コックピットクルー、整備士、貨物搭載。。。

様々な業種の人たちが一丸となって一つの航空機を飛ばします。

 

たとえば、CAやGSが コックピットクルーや整備士と同レベルで

航空機を理解することはなかなか難しいですね。

専門が違うので当たりまえの事です。

 

どんなに勉強しても経験を積んでも、

『この匂いはなんだろう』『この音はなんだろう』と思うことは、

駐機時もフライト中も多々あります。

 

そんな時に質問せずに無理やり自分で解決しようとすると、

大きなクレームに繋がったり、

時に安全にかかわる事態を引き起こすことも。

 

素直に質問する姿勢はとても大切なんですよ。

 

ただし!!!

質問の仕方にも気を付けなければなりません。

コミュニケーションスキルは奥が深いものです。

是非練習する機会を設けてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございます。


国内地方路線(18/09/22)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

既卒の募集が続いていますね。

JATの追加募集が発表されました。

詳細はホームページでご確認くださいね。

既卒の方および新卒の方も応募できるようです。

 

さて、国内大手といえばJAL・ANAですが、

その両社のグループ会社がJTA、ANAウイングスなどです。

大手も国内線の運航はしていますが主に幹線(大阪ー東京など)です。

グループ会社は地方路線を飛ぶことが多くなります。

(もちろん幹線を飛ぶこともあります)

 

さて、地方路線はまた独特です。

 

日本は小さな島国ですが、

各地方に独特の伝統や風習が残っています。

 

 ステイ先で観光する時だけでなく、

機内でもその文化を体感することがあります。

 

もうずいぶん昔の話ですが、とある空港から私が乗務する便に

お葬式に参列されたと思われる数名のお客様がご搭乗されました。

 

到着後忘れ物チェックをしていると、 そのお客様が座っていらっしゃったお席の周りに

たくさんの小銭が落ちているのを発見!!

 

慌てて拾い集めてお客様の後を追いかけようとすると、

チーフから止められました。

 

それはその地域の古い風習で、

お葬式の後は小銭をまきながら帰宅するのだそうです。

お返ししてはかえって失礼ですよ、と言われて仰天しました。

(小銭は空港の募金ボックスへ)

 

日本って広い!と思った瞬間でした。

 

地方路線乗務はまだまだ知らない日本を発見するきっかけにもなりますよ。

お読みいただきありがとうございます。


[BACK]  1  2  3  4  5  6  7  8  9 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス