エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ

CAのその後(18/08/14)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日は久しぶりに同期2人と食事に行ってきました。

かれこれ12年のお付き合いになる同期たち。

 

一人は退職し某企業の人事として活躍しており、

もう一人はパーサーとして今も世界中を飛び回っています。

私も含め全員が異業種で働いているので、

とても興味深い話を聞くことができ、

時間が過ぎるのがあっという間でした。

 

CA内定の、その先。

気になるところですよね。

 

私が知る限りでは、

 

入社した会社でパサー、チーフとステップアップし管理職として活躍する人。

語学力や接遇スキルを活かし、他業種に転職して活躍する人。

また在職中に休職して大学院に進学し、MBAを取得したり、

スポーツインストラクターの資格を取得したりして、

専門職の道に進む方も。。

 

皆さん多方面で活躍されています。

 

引退した今でも元同僚たちの活躍する姿から刺激をもらっています。

 

お読みいただきありがとうございます。


面接の過去問で対策する効果(18/08/10)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

JALESの結果が出ましたね!!

面接に進まれる皆さん、

JALの方に熱意を伝えるチャンスです!

さて、エアネットでも直前対策では過去の質問集を用いて対策を行います。

(エアネットの講座についてはブログの最後にご案内しています)

それでは過去問対策をすると、どういいのでしょうか?

実際の面接で全く同じ質問がされるとは限りませんが、 過去問を学ぶ意味とは?

 

まず、傾向を知ることが出来るからですね。

 

たとえば経営再建直後のJALでは、

毎年必ず経営再建した会社に入社するにあたっての意見を求められていました。

(今でも聞かれる可能性は十分にあります)

 

そして、なにより、 自己分析と企業研究の総まとめになるからです。

 

市販の自己分析表を用いたり、 企業のホームページをチェックしたり、

自分なりに研究分析をしてらっしゃるかと思います。

 

それをまた違う角度からの切り口で考える機会を与えてくれるのが過去問集です。

就職・転職活動は自分と向き合うチャンスだと重ねて申し上げていますが、

過去問集を賢く使いどのような角度からの質問に対しても、

自分自身の考えを明確に伝えられるように準備しましょう。

 

JAL客室乗務員既卒受験特別対策 ≪一次試験対策編≫

経験豊富な講師による少人数制講座ですので講師からの一方通行の講義にはなりません。

納得がいくまで質問し、伝える力を磨きましょう!

納得がいく準備をした人は面接時の雰囲気まで変わるものです。

 

東京校

2018年8月11日(土) 13時~16時

2018年8月13日(月) 19時~22時

 

大阪校

 

2018年8月16日(木)18時30分~21時30分

 

受講料12000円

 

お問合せお申込みはエアネットホームページをご覧ください。


羽田空港GSさん(18/08/10)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

先週羽田空港に行ってきました。

特に用事は無かったのですが、

飛行機好きの息子に飛行機を見せるためと

羽田空港でGSとして働く方とちょっとお会いするためです。

 

お会いしたGSさんは今年の4月に新卒入社し、

現在はKI(国際線のGS)として働いていらっしゃいます。

翌日が早朝出勤だということで短い時間でしたが、

楽しくお話ししてきました。

 

ちょっとだけご紹介しますね。

 

Smile人間関係に恵まれて快適に働いている。

Smile国際線は事務手続きも多く学ぶことが多い。日々勉強。

Smile飛行機が好きすぎて仕事がない日も空港に行ってしまう。笑

 

などなど、とってもポジティブなお仕事話を伺いました。

以前も書きましたが、 航空会社の社員は自分の職場が大好きな人が多いです。笑

あらためて素敵な業界だなぁと思いました!

お読みいただきありがとうございます。


台風が来ると・・・(18/08/04)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

またもや台風が来ているようですね。

早めの準備で安全を確保してくださいね。

 

航空会社も天候の影響をダイレクトに受けます。

台風の影響で飛行機が欠航・遅延し、 空港のカウンター前に長蛇の列・・・

という映像は毎年お馴染みです。

 

それでは客室乗務員はどのように影響を受けるのでしょうか?

 

例えば、 フライト先にステイしている間に自分たちが所属する基地に台風が直撃する場合。

(例:福岡ステイ中に基地の羽田がある東京に直撃)

帰還時刻に天候の回復が見込まれない場合はフライトはキャンセルや遅延。

客室乗務員はホテルや空港にて待機です。

 

これから所属基地発の便に乗務する予定だったのがフライト先に台風が直撃する場合。

(例:羽田発那覇行きに乗務の予定が、沖縄に直撃)

大きな遅延やキャンセルになる場合は違うフライトに振り替えられることがあります。

用意していたフライトと全く別のフライトの乗務になりますので、

直前までバタバタです。

 

いずれにしても、 ひとつのフライトスケジュールが変更になると、

休憩規定などにより、その後のフライトに影響が出ることもあります。

その月のスケジュールが大きく変わる、 なんてことも。

 

落ち着かない状況でも飛行機に乗ったら、

スケジュールが変わってご立腹のお客様の対応をしなければなりません。

なかなかタフですね。

 

客室乗務員としてお仕事を始めたら、

プライベートの予定を立てる時もフレキシブルに変更できるようにしていたほうが無難です。

そして、お天気のニュースには敏感でいましょう!

 

お読みいただきありがとうございます。


日常からできる面接対策(18/08/02)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

JALのエントリーシート提出は締め切られ、

ANAももうすぐですね。

 

結果が来るまではドキドキだと思いますが、

次のステップへ進めることを信じて準備しましょう。

 

準備したほうが良いことは多岐にわたりますが、

自己分析や企業研究の深掘り、英語対策などに加え、

日常生活の中でもできる対策があります。

 

・立ち居振る舞い・

動作の癖は一朝一夕で変わるものではありません。

話すときに大きく体を揺らしてはいませんか?

目線を忙しく動かしていませんか?

歩くとき頭が前に出てはいませんか?

日頃からご自身の動作に気を付ることを習慣づけましょう。

 

・話し方・

聞き手の気持ちを考えて話していますか?

お友達とお話しする時に、

「話が長すぎる!」

なんて突っ込まれていませんか?

相手が気持ちよく聞ける話し方を心がけましょう。

 

・様々な場面で相手を思いやる・

例えば、会社での来客時にお茶を出すとき。

表面的なマナーばかりに気をとられていませんか?

そのお茶はおいしい状態で出されていますか?

インスタントのお茶でも心がけ一つでおいしくお出しすることができます。

 

言い出したらきりがありませんが、

このような小さな心がけのひとつひとつが、

大きな違いを生みます。

 

是非、目標を達成する夏にしていただきたいと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございます。


思い出のスタンバイ業務(18/07/29)

みなさん、こんにちは!

 

 

エアネットの中村です。

 

今日はスタンバイについて書こうと思います。

皆さんはスタンバイ業務について聞いたことはありますか?

 

スタンバイとは、 乗務員の急な病欠や使用機材の変更などにより、

急遽乗務員の補充が必要な場合に備えて自宅または空港の事務所などで待機する業務の事です。


スタンバイ中の仕事は『待つこと』。

何だか楽そうに聞こえますが、 いつ仕事が入るかわからない状態で6時間待機することはなかなか辛い作業です。

(待機する時間は状況によって様々です)

また、私の前職の場合、フライト先がどこになるかもわからなかったので、

スタンバイの時はショートフライトから5日間のロングフライトまで対応できるように準備しておかなければなりませんでした。

また衣服も北半球用、南半球用と準備しなければならず、

なかなか骨の折れる業務なのです。。

 

 私の8年間のクルー生活の中で最も思い出に残るスタンバイがあります。

 

その日は暑い日で薄着で自宅スタンバイしていました。

 

朝から待機していたのですがお昼過ぎても会社から電話が無いので、

今日はどこにも飛ばないかもしれないなんてぼんやり考えていると電話が。

 

今からアンカレッジ経由でトロントに行ってください。

あと30分でブリーフィングなので今すぐタクシーに乗って来てください!と。

 

みなさん、アンカレッジってご存知ですが?

アメリカ合衆国のアラスカ州の都市です。

 

ノースリーブから制服に着替え、

ロングフライト用のスーツケースにあらかじめ準備していた寒冷地区用の衣服を詰め込み、

バタバタと会社について、あいさつもそこそこに機内に乗り込み、

満席のお客様にサービスすること数時間、

あっという間にアンカレッジに到着しました。。。

 

ついさっきまで気温25度以上の自宅でスタンバイしていたのに、

気が付いたらマイナス20度のアラスカアンカレッジで震えている。。

 

凄い仕事だなぁと改めて思ったものです。

 

その後すぐに新機材の導入によりトロントまで直行で行けるようになり、

アンカレッジステイは無くなりました。

 

何の心の準備もせずにアラスカに降り立った幻のアンカレッジフライト。

 

今となっては良い思い出です。

 

みなさんもCAになったら必ずスタンバイを経験することになります!

なかなか大変だからこそ思い出深い仕事になりますよ^^

 

お読みいただきありがとうございます。


英語面接に向けて(18/07/26)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

今日は久しぶりにオンライン英会話のレッスンを受けました。

最近は先生と呼ばれることが増えましたが、 今日は私が生徒です。

 

先生は在中国のアメリカ企業でお仕事をされていたアメリカ人の方で、

中国駐在中に現地の方の採用面接もされていたそうです。

 

先生との会話の中でとっても共感したのが、

日本人の方は面接対策ではなく、

英語の学習に終始されてしまう方が少なからずいらっしゃるということ。

 

私たちは日本語のネイティブスピーカーですが、

日本語面接のために一生懸命対策をしていますね。

 

第二言語の英語の場合、

日本語以上に対策が必要なのは言うまでもありません。

 

日系でもJALやピーチでは英語面接がありますし、

一年を通してランダムに募集がかかる外資の対策は、

日ごろの努力が物を言います。

 

自己紹介、

職歴や学歴の説明の仕方、

ご自身の趣味などについて。

 

印象の良い英語の話し方を練習しましょう!

 

お読みいただき、ありがとうございます。


[BACK]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス