エアネットスタッフブログ--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指すあなたに

ホーム > スタッフブログ

スーツの色(19/03/03)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

就活に備えて準備するものの一つが、

リクルートスーツです。

特に新卒の場合は初めてのビジネススーツ、

と言う方も多いでしょう。

 

昨今のリクルートスーツはとにかく、

黒、黒、黒、ですね。

もしくは、濃紺や濃いグレー。

 

ではリクルートスーツは伝統的に黒なのかと言えば、

決してそうではありません。

 

特にエアライン受験においては

カラフルな時代が長くありました。

 

私の少し前の時代はパステルカラーが人気で、

ピンクやブルーのスーツをよく見かけました。

私の時代はベージュと白!

元同僚にもベージュや白のスーツで受験した人が沢山います。

(私は濃いグレーを選びましたが)

 

10年くらい前からカラフルなスーツを

あまり見かけなくなったと記憶していますが、

面接官はカラースーツ受験の世代です。

 

今の就活で昔のようなカラースーツを着用すると、

とっても目立つと思います。

エアライン受験指導を始めて3年。

私が接してきた生徒さんたちのなかに、

カラースーツの方は今のところいません。

 

しかし上品なベージュやグレーなどは、

似合っていれば(←ここが重要)、

むしろ好印象になることもあるでしょう。

 

自信が持てる一着を是非ゲットしてくださいね!


伝わりやすい文章(19/02/24)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

募集解禁までカウントダウンが始まっていますね。

各社の募集が発表されたらまず、

エントリーシート(ES)を作成して書類審査に臨みます。

 

ESにおいて気を付けていただきたいのは、

読みやすさです。

 

CAになりたいということは、

おもてなし・おもいやり・気配り

を仕事にするということ。

そんな方が、

ESの読み手の気持ちを考えず、

つらつらと想いのままに書き連ねた文章を提出しては、

好印象は持っていただけません。

 

・主語が無い文章

・身内しか知らない固有名詞が頻出する文章

など、意外と散見されますので気を付けましょうね。

 

エアネットでもES対策を行っています。

文章に自信がない方は一度しっかりと対策することをおすすめします。

 

最終面接でもESに沿って質問されますし、

逆に言えばESがきちんと出来ていれば、

面接対策が楽になりますよ!


鏡に向かって面接対策(19/02/24)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

CAになるために、またなった後も、

たくさん勉強しなければならないのはご存知の通りです。

 

その勉強は、 机に向かってペンを走らせるだけでなく、

身体を動かす必要もあります。

 

たとえば、面接対策。

予想される質疑に答えを書き出して終了!

では、面接対策にはなりませんね。

特にCAは内容と同じくらい話し方も大切です。

伝わる話し方を研究して練習する必要があります。

 

では伝わる話し方の練習とは?

 

1人で鏡に向かって、

もしくはスマホの録音機能に向かって、

話し続けるしかありません。

もちろん、笑顔で!

 

自分の姿を見て、

声を聞いて、

更に改善して練習するんです。

 

スクールやセミナーでの練習も効果的ですが、

こちらは1人で練習した成果を発表し、

更によくするにはどうしたらいいか考える場だと思います。

 

1人で 鏡に向かって話す。

鏡に向かって笑顔の練習。

鏡に向かってお辞儀の練習。

気持ちが悪いでしょうか。笑

 

いえいえ、 意外とみなさんやってること。

そして、やるとやらないでは、

雲泥の差が出ること。

ぜひ今日から1人練習、

やってみてくださいね!


客室乗務員になるためのセミナー(19/02/17)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

2月18日月曜日、

エアネット東京校にて、

『客室乗務員になるための対策セミナー』

を開催いたします!

 

セミナーは参加型です。

みなさんと一緒にロールプレイをしたり、

乗務の流れを学びながら必要な資質について考えたりと、

実際に動いたり話し合ったりする中で、

客室乗務員の仕事を深く深く理解していただけます。

 

また、大人気のJAL・ANAはもちろん、

国内の航空会社の全貌を学び、

日本の空の現状も知ることができます。

 

航空業界と客室乗務員について学んだ上で、

それを具体的な対策にどう活かすかまでお話しします。

もりだくさんの2時間ですよ!!

 

面接で説得力がある受け答えをするためには、

基礎知識をしっかり身に付けることがとても大切です。

 

募集前のこのタイミングにまさにぴったりのセミナー。

みなさんのお越しをお待ちしております。


こなすではなく、できるまでやる(19/02/16)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

航空業界をめざすにあたり、

やるべきことや、

やったほうがいいことは

たくさんあります。

 

TOEIC対策はやるべきこと。

企業研究や自己分析も、

やらずに内定するのはなかなか難しいですね。

姿勢が悪い方は

立ち居振る舞いの練習もやった方がいいでしょう。

言い出したらきりがありません。

 

就活対策本がこの時期からたくさん書店に並びますが、

どの本にもTo Do Listが掲載されています。

 

今日みなさんにお話ししたいのは、

そのリストをさらりとこなしていませんか?

ということです。

 

TOEIC対策しました!

→胸を張ってESに記入できるスコアですか?

SPI対策しました!

→手持ちの参考書から何が出題されても満点取れますか?

志望動機考えました!

→誰が聞いてもわかりやすいように伝えられますか?

テキストの模擬質問なら全部答えられます!

→模擬質問どおりに聞かれるわけではありませんが、

その対策はできていますか?

 

精度の高さは大切です。

 

とても大変ですし、

どこまでやれるか個人差があるのは正直なところです。

しかし、 「できることは全てやり切りました!」

と断言できるレベルの努力を重ねた方は、

やはりそれ相応の結果を得ることが多いのも事実です。

 

大手の募集解禁まであと少し。

こなすではなく、 できるまでやる。

 

来年は憧れの制服に身を包み、

フライト出来ると信じて頑張りましょうね。


転職者の心得(19/02/09)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

航空業界では業界内の転職は日常茶飯事です。

日系と外資を数社渡り歩いている猛者もいます。

GSからCAへ、

CAからGSへと職種を変える人も。

 

しかし、 『一度航空業界に入ってしまったら簡単に転職できるのね』 と、

安易に考えるのはご法度です。

業界内転職だからこそ面接官の見る目も厳しくなると心得ましょう。

 

特に『私はもう航空業界のことは何でも知っている』

というオーラを出して面接会場に向かう方をたまに見かけます。

この姿勢を改めなければ転職活動を成功させるのは難しいでしょう。

 

たとえば、面接で専門用語を並べる方。

新卒や他業種からの転職者は

「すごーい」

と羨望のまなざしで見てくれることもありますが、

面接官の目は冷ややかです。

 

JALとANAでも細かい用語は異なることがあり、

外資と日系では大きな違いがそこかしこにあります。

面接官は他社の方。

自分の会社の専門用語を振りかざす方を、

はたして好意的に見ることができるでしょうか。

 

また、「お客様にもわかりやすい言葉で話す能力に欠けているのでは?」

と思われても仕方ありませんね。

経験者の転職とは言え、

転職先ではまた一からスタートです。

一から学び直す謙虚な気持ちを持つことが

とても大切であることは是非覚えておいてくださいね。

 

とは言え、やはり転職者だと、

CAに求められる素養などを経験から理解しやすいもの。

的を得た転職活動がしやすくなるのは事実です。

そして、内定後は謙虚な姿勢を崩さずに前職の経験を活かせば、

転職先で先輩方から一目置いていていただけることもありますよ!

 

お読みいただき、ありがとうございます。


楽しむ才能(19/02/06)

みなさん、こんにちは!

エアネットの中村です。

 

2月になりましたね。

明日2月5日は今年の旧正月です。

中華圏や韓国などでは盛大にお祝いされ、

毎年大型連休となるのでこの時期はアジアからの

観光客が日本にもたくさんいらっしゃいます。

 

私が働いていた外資系の会社では、

毎年旧正月に乗務員たちがパレードを行います。

数年前からはダンスチームも加わり大変華やかで、

同期たちがSNS上に動画をアップするのを、

OGOB皆で楽しみにしています。

 

さて、このダンスチームは CAやGSの

有志のメンバーで構成されています。

仕事の前後、深夜や早朝に集まって練習しているそうです。

 

仕事とは直接の関係は無くても、

みんなで楽しみたい!!

そんな人たちがこの業界には多い気がします。

 

日本でもクリスマスに全国各地の空港で、

CAやGSが様々なイベントをされていたのも

記憶に新しいですよね。

 

機内の仕事も空港の仕事も、

一見華やかではありますが

とてもハードです。

 

それでも笑顔を絶やさず、

自分たちも楽しむことを忘れないのは、

ある種の才能かもしれません。

 

お読みいただきありがとうございます。


[BACK]  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > スタッフブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス