客室乗務員の職業研究

ホーム > エアライン就活情報 > 客室乗務員の職業研究

客室乗務員のお仕事は何だと思いますか?

機内で美しい言葉遣いと流暢な英語でアナウンスをしたり、お食事を配ったり、お客様のお手伝いをしたり・・。
でも、それだけではありません。
ここに、「憧れだけでは務まらない!」と言われる理由があります。
客室乗務員の最大の業務は、お客様の安全を守る保安要員です。

しっかりとした職業研究をしないままの受験では、面接などをパスすることができないのは当然のこと、万が一入社することができたとしても現実とのギャップで仕事を続けることができなくなってしまうでしょう。

→客室乗務員を目指すセミナー

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

情報収集のためには?

エアステージをよく読んで、仕事の内容を把握しましょう。密着取材などで詳しい写真付きで1日の仕事内容を紹介することもあります。
(エアネットセミナールームには過去数年分のバックナンバーを見る事ができます。)

また各航空会社のホームページには仕事内容やスケジュールなどを紹介した就活生向けのコンテンツも近年は充実しています。
採用情報のチェックと合わせて、様々なページを見てみましょう。

→客室乗務員を目指すセミナー

実際に飛行機に乗ってみよう!

もし飛行機に乗る機会があったら、客室乗務員の様子をじっくり観察してみましょう。
・搭乗中には何をしている?
・滑走路まで行くまでには?
・離陸の直前には?
・水平飛行になったら?
などなど、その時その時の様子を細かくチェックしてみてください。

業務が落ち着いた頃には、客室乗務員に話しかけてみるのもいいですね。
話しかけるときには、きちんと質問事項をまとめて、あまり時間を取らせないように注意しましょう。

→客室乗務員を目指すセミナー

客室乗務員に求められる人物像を考える

仕事内容が見えてきたら、客室乗務員に求められる人物像を考えてみます。
例えば、的確な判断力、臨機応変に合わせたサービス、万人に受け入れられるような親しみやすさ、などなど様々な素養が見えてくると思います。

さらに企業によってキャリアプランも大きくことなります。
客室乗務員として採用された後のこともイメージすることが大切です。
採用試験ではその具体性が重要になってきます。

客室乗務員になるためには、求められる基本的なものをしっかりと身に付け、企業ごとに求められる人物像を知り、その形にアレンジする、そんな地道な努力が必要です。

→客室乗務員を目指すセミナー

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム
エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > エアライン就活情報 > 客室乗務員の職業研究

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス