エアライン就活Q&A|エアライン就活情報|エアネット--客室乗務員・グランドスタッフなど航空業界を目指す人へ

ホーム > エアライン就活情報 > エアライン就活Q&A

身長制限はありますか?(16/12/16)

外資系客室乗務員の場合は細かく設定されているところが多く、その場合は規定の身長をクリアしていないといけませんが、国内航空会社の客室乗務員では身長制限がないところがほとんどです。よく「160cmないから無理かも」という人がいますが、身長が高くなくてもそれ以上に人に勝っている物を多く持っていれば採用されることもあります。ちなみにグランドスタッフには身長制限はありません。


高校卒業後の進路として大学、短大、専門学校のどれに行くかを悩んでます。有利不利はありますか?(16/12/16)

エアライン業界に就職するにあたって、学歴は関係ない場合が多くなりました。客室乗務員もグランドスタッフも実力の世界になりますので、どれだけの力を持っているかが大切で、入社後の昇進も学歴にはあまり関係がありません。ただし、航空会社の総合職やパイロットといった一部の職種に就くためには四年制大学を卒業している事が必要な場合がありますし、一部の会社では客室乗務員やグランドスタッフなどでも短大卒以上としているところがありますので、希望の会社があるならば応募条件を調べておきましょう。ちなみに専門学校でも短大の卒業資格が取得できるコースを持っているところもありますよ。


結婚・子育てとの両立は可能なのでしょうか?(16/12/16)

ほとんどの企業では「結婚や出産のために退職しないといけない」ということはありません。一般企業よりも手厚い懐妊休職や育児休職制度が設けられている会社も多いです。しかし、もともと勤務が不規則な仕事ですから、両立は可能であったとしても、家族の理解や協力が必要になります。


採用試験までに時間があるので、今のうちからしておいた方がいいことがあれば教えてください。(16/12/16)

一番大切なことは健康と体力作りです。それ以外にも色々なことに興味を示し試してみて自分の中の引き出しを増やす事も、将来きっと役立つかと思います。姿勢や言葉遣いは、毎日少しずつ努力するだけでも、就職活動が本番になったころには実力の差が出てきますよ。


航空業界ではTOIECかTOEFLの試験のどちらを受けておいたほうがいいのでしょうか・・・(16/12/16)

TOEFLはアメリカやカナダの大学に入学する際に必要になるもので、TOEICとは性質が違います。試験の形態は同じようなものなのでまったく参考にならないという事はありませんが、会社が指定している語学の資格を取得しておくべきでしょう。エアライン業界で働くためにはTOEICでいい点を取れるように努力してみてくださいね。


地方に住んで地方の大学に進学した場合、成田や羽田、関空など大都市の空港に勤務する事は難しいですか?(16/12/16)

どこの出身だとかどこの学校を卒業したかということは全く関係ありません。会社によっては寮がある場合もあります。航空会社の募集要項には「空港から30km以内」とか「公共交通機関で90分以内に出社できること」といったようなことが書かれており、その範囲内に居住予定であれば問題ありません。多くの人が寮生活や空港近くでひとり暮らしをしています。


客室乗務員やグランドスタッフになる為に有利な学部とかってありますか?(16/12/16)

整備などの技術職は多少あるかも知れませんが、他の職種は学部不問が多く、どの学部が有利というのはありません。面接ではその学校や学部を選んだ理由やそこで何を学んだかなどを聞かれることも多いので、学べることを精一杯学んで力をつけることが大切です。自分にしかできないもの、自分に自信がつく事に情熱をぶつけてがんばってください。


[BACK]  1  2  3 

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > エアライン就活情報 > エアライン就活Q&A

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス