美しい言葉遣い

ホーム > エアライン就活情報 > 美しい言葉遣い

面接本番できちんとした敬語が話せるように、日頃から目上の方には正しい敬語で話ましょう

日頃からきちんとした挨拶、言葉遣いを心がけることは、とても大切です。面接では予想以上に緊張するもの。暗記したはずのフレーズも忘れてしまうほど、自分の発言が支離滅裂になることもしばしばです。また、面接官はプロですから、その場を取り繕っている受験生が普段どのような話し方をしているのか簡単に見破ってしまうでしょう。 面接試験対策として、いつ、どんな状況においても印象よく応対できるように、就職活動のために日頃から正しく、ていねいな言葉使いを心がけましょう。

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム

正しい名乗り方、呼び方

自分のことを話すとき、ほかの人を呼ぶときは適切な言葉で表現しましょう。

自分 → わたくし
相手 → ~様、お客様
3人称 → あちら様
自分の会社 → 弊社、わたくしども
先方の会社 → 御社、そちらさま
集 団 → 皆 様
男 性 → 男の方
女 性 → 女の方
同伴者 → お連れ様、お連れの方
夫 → ご主人様
妻 → 奥様
子 供 → お子様
勤務先 → お勤め先
住所や家 → おすまい、おところ
誰 → どちらさま、どなたさま
どこまで → どちらまで

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

正しい挨拶、気持ちのよい挨拶

社会人になれば(航空業界を目指すあなたなら!)マナーとして挨拶をするのは当然です。その場にあった、正しい挨拶、そして気持ちのよい挨拶を心がけましょう。

1.朝の挨拶(さわやかに大きな声で、笑顔で)
おはようございます
2.感謝の気持ちを表す(暖かい気持ちで、笑顔で)
ありがとうございます
ありがとうございました
3.人に話しかける時は
恐れ入ります
4.何かしている人に話しかける時は
お忙しいところ、失礼致します
お話し中、失礼致します
5.わかりました
かしこまりました
6.人を待たせるときは
少々お待ちください
7.入退室のときは
失礼致します
8.謝るときは「すみません」ではなく・・
申し訳ございません

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

正しい敬語の使い方-敬語の種類

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。これら正しい敬語の使い方をマスターして採用面接に挑みましょう!

■尊敬語
相手を敬って使う言葉。相手の動作や状態を高めて表現する。
「お~になる」「ご~になる」「れる」「られる」「なさる」などをつける。
■謙譲語
自分をへりくだって言う時に使う言葉で、間接的に相手を敬う。
「お~する」「ご~する」などをつける。
■丁寧語
「です、ます」調などを用いて表現をていねいにして使う言葉。
語尾に「ございます」「です」「ます」をつける。

する
■尊敬語「される・なさる」
■謙譲語「いたす・させていただく」
■丁寧語「します」
いる
■尊敬語「いらっしゃる・おいでになる」
■謙譲語「おる」
■丁寧語「います」
言う
■尊敬語「おっしゃる」
■謙譲語「申す・申し上げる」
■丁寧語「言います」
聞く
■尊敬語「お聞きになる」
■謙譲語「伺う・承る・拝聴する」
■丁寧語「聞きます」
見る
■尊敬語「ご覧になる」
■謙譲語「拝見する」
■丁寧語「見ます」
行く
■尊敬語「いらっしゃる・おいでになる」
■謙譲語「伺う・参る」
■丁寧語「行きます」
来る
■尊敬語「いらっしゃる・おいでになる・お見えになる」
■謙譲語「参る・伺う」
■丁寧語「来ます」
帰る
■尊敬語「お帰りになる」
■謙譲語「失礼する」
■丁寧語「帰ります」
もらう
■尊敬語「もらわれる」
■謙譲語「いただく・頂戴する」
■丁寧語「もらいます」
あげる
■尊敬語「あげられる」
■謙譲語「差し上げる」
■丁寧語「あげます」
食べる
■尊敬語「召し上がる」
■謙譲語「いただく・頂戴する」
■丁寧語「食べます」

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

クッション言葉の使い方

皆さん、クッション言葉とは何かご存知ですか? クッション言葉とは、人に何かをお願いしたり、お断りするときに本題の前に添えて、印象を和らげる働きがあります。

「恐れ入りますが」
「申し訳ございませんが」
「もしよろしければ」
「失礼ですが」
「差し支えなければ」
「お忙しいところ恐縮ですが」
「お手数ですが」

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

正しい挨拶、気持ちのよい挨拶

社会人になれば(航空業界を目指すあなたなら!)マナーとして挨拶をするのは当然です。その場にあった、正しい挨拶、そして気持ちのよい挨拶を心がけましょう。

どなたですか→
どちら様でしょうか
何の用ですか→
どのようなご用件でしょうか
こちらに来てくれませんか→
こちらにお越しいただけますか
できません→
致しかねます
わかりません、知りません→
わかりかねます
いません→
席をはずしております
どうですか→
いかがでしょうか
繰り返します→
復唱いたします、繰り返し申し上げます
ちょっと待ってください→
少々お待ちいただけますか
ここに座ってください→
こちらにお掛けいただけますか
もう一度来てくださいか→
もう一度お越しいただけますか
確かめてください→
お確かめいただけますか
わかりましたか→
おわかりいただけましたでしょうか
電話します→
お電話をさせていただきます
見せます→
お見せします、ご覧に入れます
教えます→
ご説明いたします
私が聞きます→
私(わたくし)が伺います
電話の声が小さいです→
少々お電話が遠いようですが

またあなたはあいさつをきちんと出来ていますか?あいさつ位と思われるかもしれませんが、以外にも出来ていない人がたくさんいます。道で会った近所の方、学校ですれ違った来客の方、もちろん家族同士であってもあなたは笑顔で「おはようございます」「こんにちは」と言えているでしょうか?

航空業界に限らず、ビジネス社会では挨拶が出来ないと社会人失格だと思われてしまします。 もし、あまり積極的にあいさつを出来ていなかった人は今日から心がけましょう。きっと気持ちも明るくなり、コミュニケーションが今以上にうまくとれますよ!

→美しい日本語・正しい敬語話し方講座(NPO法人日本サービスマナー協会)

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みフォームはこちら

▲ページTOP

電話でのお問い合わせ・お申し込み|東京:03-6278-7031|大阪:06-6943-0041お申し込みフォーム
エアラインセミナースケジュール接客サービスマナー検定取得講座エアライン就活Q&Aエアネット通信スタッフブログNPO日本サービスマナー協会エアネット公式facebookページ月刊エアステージ定期購読

ホーム > エアライン就活情報 > 美しい言葉遣い

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6380-4524(東京)06-6943-0041(大阪)

お申し込みお問い合わせ交通アクセス